【6月1日~6月15日まで】60歳未満で基礎疾患を有する方の新型コロナワクチン優先接種申請【6/12更新】

海老名市から基礎疾患を有する方の新型コロナワクチン優先接種について更新がありました。

海老名市当該ホームページ←ここをクリック

当院に通院中の、高血圧、糖尿病で治療を受けている方は原則対象になります。

コレステロールのみ、通常の甲状腺疾患(がん治療を除く)は対象外です。

6月1日~6月15日ネット(もしくはお電話)での申請になります。

60歳から64歳までの方と同時期に接種券が発送されます。(変更前:接種券の優先発送 → 変更後:集団接種の優先予約)

市ホームページなどで更新の予定ですがこちらでも随時更新してまいります。

繰り返しになりますが当院で通常診療している範囲でワクチンを打てない方はいません。高血圧、コレステロール、尿酸、糖尿病、甲状腺の内服薬、インスリンの注射、GLP-1(ビクトーザやトルリシティ)の注射、すべて問題ありません。心筋梗塞や脳梗塞があり、いわゆる血液サラサラ系のお薬を飲んでいてもいつも通り止血をしっかりすれば問題ありません。

 

*変更前:接種券の優先発送の申請 → 変更後:集団接種の優先予約の申請  6/12 8:45


6月2日(水)休診です

来週6月2日(水)は休診です。

お薬が6月3日(木)までに足りなくなりそうな方は5月31日(月)に受診をお勧め致します。

どうぞよろしくお願い致します。予約日に来れずお薬が切れてしまいそうな方は

予約外でも結構ですので起こし下さい。(混雑状況によりお待たせする可能性はあります。)


新型コロナワクチン接種について

先にお伝えすると当院で新型コロナワクチンの個別接種は行う予定です。

(市の広報やホームページに掲載されていませんが電話回線のパンク懸念しての非掲載となっております。実際に他の地区で多くのクリニックが電話対応が滞り通常診療に支障を来しております。かかりつけの方の電話を通常通り取りやすくするためと御理解下さい。)

新型コロナワクチンの容易でない点は

①保存方法が特殊であること

②供給はバイアルといって1瓶あたりであり5~6人単位でないと余りが出てしまう事。

③3週間後に再度接種が必要なこと

④全国民を対象としていること。

です。

なぜ早く当院でも初めてくれないのかという意見もあるかもしれませんが

院長自身も接種はまだ終わっていません。

供給の見通しが不透明であることからも当院でも個別接種開始時期は未定です。

詳しくは市のページこちらにアクセスしてください。

 

また上記の点から、基本的には海老名市で現時点では集団接種をお勧めします。

私も休日返上で集団接種会場に出向いて市民の方向けの注射を行う予定です。

その方が効率が良いのがご理解いただけると思います。

コロナワクチンのデメリットとして10万分の1程度でアレルギー反応を起こすことが知られています。

アレルギー反応の対応としては、スピードとマンパワーが重要と考えられています。

その点でも集団接種会場をお勧めします。

もちろん、様々な都合で集団会場で接種できない方もいらっしゃると思いますので

その場合は当院でも予約をとれるようにする予定です。

 

ただ状況が状況だけに見通しが不明瞭ですので

上記の内容も変更の可能性があることをご理解いただけると幸いです。

私個人としてはいつなんどきでも皆様に接種する機会があれば

頑張る所存ですが、気合だけで進むものでもございませんことと

海老名市の医師会の先生方も大変な尽力されていることだけは申し添えておきます。

 

それでも不明な点はあると思いますので診療の際に不安な点はお申し付け下さい。

どうぞよろしくお願い致します。

 


海老名田島クリニックのゴールデンウイーク診療体制について

海老名田島クリニックのゴールデンウイーク診療体制について

同グループの「海老名田島クリニック」は、ゴールデンウイークの医療提供体制の

確保の要請を 神奈川県より受け、5/3(月) 9:00~13:00 田島医師が診療いたします。

救急対応とさせて頂きますので、急な発熱、風邪のご症状、味覚異常等 お困りの際は、

海老名田島クリニックへお問い合わせください

※救急対応となりますので、Webでの受付は、できませんので、

 直接来院して頂くか、お電話でお問い合わせください。

海老名田島クリニック

046-233-1313

 

*血糖測定器具の不足やインスリンの調整などの専門的な対応はできかねますのでご注意下さい。

当院のGW前の最終診察は4月28日(水)ですので、お薬等が足りなくなる方は17時30分までに御受診ください。