みみかきをしますか?

突然ですが皆さま「みみかき」はしますか?

昨日、海老名市の市役所にて公開講座「けんこうが一番教室」を行った際に、意外に思われていたのが「みみかきの話」だったので、ここで改めてお伝えできればと思います。

結論から申し上げると、みみかきは(特に糖尿病のコントロールが不十分な方は)

医学的な見地からは「しないほうが良い」です。ご存知でしたか?

耳にはせん毛といって自然に耳垢を掃き出す細かい毛が生えており、自然に排出されるようにできています。

特に望ましくないのがお風呂上がりの綿棒です。柔らかくなった耳垢を壁に押し付けて取れずらくしたり、奥に押し込むことがあります。また、固い耳かきならよいかというとそうでもありません。細かい傷ができてそこから感染症を起こすことがあります。

以前糖尿病とコロナウイルスの関係を説明しましたが、糖尿病で血糖値のコントロールが十分でないと感染症のリスクが高まります。

*この場合の「血糖コントロールが十分でない」とは、HbA1c>8% 血糖の平均170~200mg/dl以上 程度が目安になります。(各国の報告で多少差があります。)

「悪性外耳道炎」といって耳から菌が侵入し死に至ることがあります。これは実際にあることで私もそう多くはないですが数例の患者さんを経験したことがあります。みなさんみみかきが原因でした。また子供の耳かき中に、ほかの子供がぶつかったりして鼓膜を破いてしまうような事故が散発しています。

もちろんマッサージ的な観点からは、して頂いてもよいかもしれません。(というより気持ち良いからやっている方がほとんどでしょう。)

しかしその場合も耳を傷つけないように軽く固いみみかきでそっと塊を出してあげる程度が良いと思います。

特別に耳垢が多い方は耳鼻科でみてもらうとよいでしょう。アメリカ耳鼻咽喉学会からも公式に「原則みみかきの必要はない」、とでています。英語が得意な方はリンクを覗いてみてください。

Frequently Asked Questions: Earwax Prevention

Dos and Don’ts of Earwax

海老名市の耳鼻科については医師会のホームページをご覧ください。

もしこの点についてご不明な点等ございましたら診療の際に院長までお尋ね下さいね。

 


熱中症注意のお知らせです。

この時期メディア含め毎日のように熱中症注意の知らせがあり

皆さま飽き飽きしているかもしれませんが

当院からも改めて熱中症注意のお知らせです。

分かっていてもなってしまうのが怖いところ。

当院の患者さんでも

 

比較的高齢の方では

・庭や畑の草むしり

比較的若年の方では

・スポーツ

 

の最中に熱中症が散見されます。

決してご無理なさらず休憩とクーリングをはさむようにしてくださいね。


糖尿病の食事療法について

コロナウイルスの感染拡大に伴い当院でも各種レイアウトの変更や

ビニールカーテンの設置などを行いました。

糖尿病のコントロールが十分でない(それぞれに基準がありますので詳しくは医師におたずねください。)患者さんはコロナウイルスに重症化のリスクがあることは先のブログに書きました。

一度基本に立ち返って食事療法を見直してみましょう。

 

✔早食いである

✔満足するまで食べる

✔朝食を食べない

✔甘い飲み物を良く飲む

✔間食をよくする

✔お酒をよく飲む

✔炭水化物の重ね食いをよくする

✔野菜が不足している

✔夕食の時間がいつも遅い

 

こういった食習慣の気づきから簡単にできることを決め、それを日々の生活に取り入れることが重要です。

 

個人的に最近よかったのはコストコさんのカリフラワーライスです。

81zXZUhFUsL._AC_SL1500_

写真は公式のものからお借りしています。

91RsZavyjoL._AC_SL1500_

中身は4袋に小分けになっていて1回の食事で使用するにはちょうど良い量です。

1食分も200円未満程度です。

お米そのものの味というわけにはいきませんが、カレーなど味の濃いものであれば

そこまで気にならないかもしれません。

玄米を炊いたりする時間が足りない方などは電子レンジで簡単に調理できますよ。


糖尿病と新型コロナウイルス(COVID-19)について

最近また質問が多くなってきたので過去のブログ「糖尿病と新型コロナウイルス」へのリンクを再掲載しておきます。

こちらをクリック

 

またこちらの神奈川県医師会「かながわコロナ通信」も非常にわかりやすいので

コロナの情報を得たい方は一度確認してみてはいかがでしょうか。

糖尿病についても書いてあります。

よくテレビなどで話題のPCR検査についてもわかりやすく書いてあります。

正しい情報を集めてしっかりと対応してゆくようにしましょう。


メトグルコ 自己回収のお知らせ

4月27日に糖尿病薬でスタンダードなメトグルコ錠の一部自主回収が発表されました。

***まずお伝えしたいことはパニックにならず正しい情報を得てください。自己判断での休薬は糖尿病の悪化につながる可能性があります。今回の回収はごく一部に留まるものです**

当院の処方箋からは先発品やジェネリックの指定はしていないことと、

薬局によって納入先が異なりますので一概にこの場でまとまった対応をお願いすることが困難です。

①メトホルミン製剤(メトグルコ、メトホルミン)を服用している。

②大日本住友製薬製である。

このいずれもが当てはまった場合

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大日本住友製薬当該サイト

【お問い合わせ先】
大日本住友製薬株式会社 メトグルコ錠回収専用ダイヤル
0120-870-851
(受付時間︓9:00〜17:30(5 月10 日までは日・祝日を除く。5 月
11 日以降は土日・祝日・その他の休業日を除く))
にお問合せ下さい。
(問い合わせにはロット番号が必要となりますので、バラバラにしていないシートの状態でお薬を確認して頂きシートの「耳」の余剰部分に
4桁数字+1文字のアルファベットが薄く記載されていると思いますので
そちらを確認の上ご連絡されるとスムースかと思います。)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
電話がつながらない、それでも心配などの方は当院もしくは処方をうけた薬局にお問い合わせ下さい。
大変ご心配をおかけいたしまして申し訳ございません。
メトホルミン製剤は古くから使用される大変優れたお薬です。
繰り返しになりますが自己判断での休薬は糖尿病合併症悪化などのリスクから勧められません。
診察の際には院長から詳細をご説明することも可能ですので心配でしたら相談してください。