糖尿病っていつからはじまるの?

近年の成人糖尿病有病率はおおよそ10%と言われており、平均年齢は65才程度です。

10代、20代、30代の方も増えていますが一般的には40代以降に指摘されることが多い病気です。

よくある疑問は『最近は昔と比べてそんなに食べていないしお酒の量も減ったのだけど、、、』といったものです。

そうですよね、大学生の頃は朝までお酒を飲んだり、、入社したての頃は忙しくてカップ麺とスナック菓子でおなかを満たしたり、育児を始めた頃は食べてすぐ寝てしまったりということがあったかもしれませんが、40代50代となってくるとそういった事は減っているはずです。

それなのになぜ40代50代になって糖尿病を発症するのか??

一つの意見として『糖尿病は初めて指摘される25年程前から始まっている。』(Type 2 Diabetes: When Does It Start? PMID: 29732459)というデータがあります。

若いころの暴飲暴食、とまではいかずとも炭水化物中心の食事、食べるスピードの早さ、野菜不足、糖入り飲料の過剰などなどが積もり積もって糖尿病の発症に至るのです。

糖尿病が治らない と良く言われる原因はここにあると思います。

つまり25年分の結果を1か月や2か月で完治するというのは理論上困難な訳です。

しかし一つ一つ丁寧にみてゆけば改善の余地は十分にあります。

食事、運動、お薬、検査、これらを組み合わせて最適解を探してゆきます。

糖尿病診療の難しいところは答えが人それぞれ違うところです。

今後の見通しなども刻々と変化することがあります。

なかなか病院に患者さん自身の御意見を伝えるのは難しいかもしれませんが、もし現在の治療内容、診察内容にご不満があれば遠慮なくお申し出いただくとより良いかと思われます。という自分もお医者さんに意見を伝えるのは苦手なタイプです、、、(このブログは院長が書いています)

今後の見通し、治療内容、何を許容して何を防がねばならないのか、共有できれば良いのではないかと思います。


10月8~12日は休診です。休診中の対応と人気記事のまとめ

 

10月8~12日は休診です。

休診中にお薬が切れてしまった場合などは当院と提携クリニックの

つげの木内科クリニック

田島クリニック

にご相談下さい。

ただし自己血糖測定物品やインスリンポンプの物品など

専門性の高いものは対応できませんのでご了承下さい。

 

トップ画面のカレンダーの月をプルダウンで休診予定をみることが出来ます。

アクセスの多い記事をまとめました。よろしければご覧ください。

寒暖差アレルギー

みみかきをしますか?

血圧の目標とは

牛乳は10回噛んで?

低血糖について


糖尿病の食事療法とは

『先生!なにを食べたらいいですか?』

『先生!そんなに制限されたら食べるものなくなっちゃうよ!』

 

普段から診察室で行われている会話です。

糖尿病の食事療法は最も基本いえるものですし、

最も簡単、かつ最も難しいとも言えます。

 

食事というのは環境や習慣、文化に非常に左右される部分があり、

個人差もとても大きい部分です。

アイスにジュース、お菓子、麺類丼もの、ケーキにフルーツ。

世の中にはおいしいものがたくさんあふれています。

好きなものを好きなだけ食べてしまっては健康が保てる確率は下がってゆきます。

 

本来一言で表すことが難しい糖尿病の食事療法ですが今回は

ひとつの例を示したいと思います。

 

まずA4の紙に収まる正円のお皿を用意します。(直径約20~21cm)

・そのお皿の半分が野菜(主に葉物野菜。キャベツ、レタス、アスパラ、ブロッコリー、カリフラワー、なす、キュウリ、キノコ、おくら、ニンジン、大根など

*ジャガイモやトウモロコシなどの常温で保存できるホクホクしたものは炭水化物にカウントします。)

・1/4がタンパク質(肉か魚か大豆)

・1/4が炭水化物(米やパン、麺、芋、果物など)

いわゆるお子様用プレートを使用する手もあります。

お茶椀は小ぶりなものを選ぶと良いですね。

 

飲料は無糖のものに限ります。お水、麦茶、緑茶、無糖の紅茶、炭酸水などの甘くないのものです。

甘い飲料でも人工甘味料を使用しいわゆる『ゼロカロリー』表記であれば問題ありません。

いわゆるスポーツドリンクの多飲で糖尿病が悪化するケースが多い時期です。

十分に気を付けましょう。

 


ごく一部のインスリンの欠品について

インスリンはどこで作られているでしょうか?

それはアメリカであったりデンマークであったりフランスであったりします。

今回のウクライナ情勢による航路制限によりデンマークからのインスリンの一部が滞っています。

ほとんどのインスリンは問題ないのですが、ごく一部で輸入遅延がみられるため4月の診察の際にご説明および代替品の処方を行っております。

それに関して診察が少し長くなる可能性がありますが、待ち時間が長くならないように努力してまいりますので引き続きどうぞよろしくお願い致します。

5月には供給が安定する見込みですので影響はごくわずかと考えます。

主に1型糖尿病などで使用されるインスリンではございませんので、特に1型や膵全摘の方はその点ご安心下さい。


糖尿病治療の進歩

コロナ、ロシアと暗い話題が多いですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

糖尿病の治療は食事運動お薬の3本柱ですね。

そのなかでもお薬は大変な進歩をしています。

代表的なものがインスリンポンプシステム。

オートモードを選ぶと高い血糖値も低い血糖値も自動で補正してくれる、まるで自動車の自動運転のような機械です。

未来という感じがしますね!(保険適応は1型、もしくは準ずる病態に限られます。)

スマートフォンで血糖値を随時表示してくれるものをあります。

飲み薬もこの15年で3種類ほど増え8種類に増えました。

それぞれ保険適応や注意点が異なります。

手術の時などに休薬が必要なものもあります。

うまく使いこなしてより良い血糖コントロールとしてゆきたいですし

確実に治療法は良くなっていると実感します。

 

あと最近は帯状疱疹ワクチンのお問い合わせも増えています。

約4万円と高いですが有効性が認められています。

コロナ抗体の検査も取り扱っています。

駐車場が混雑していることがあるので事前にチェックできる方は確認をお勧め致します。

おかげさまで募集していた看護師さんと受付さんは決まりました。

別れの季節は寂しいものですが新たな出会いも楽しみなものですね。

コロナ感染はまだまだありますので、引き続きマスク着用等どうぞよろしくお願い致します。