インターネット上の糖尿病情報について

国内でも新型コロナワクチンの接種が開始されました。

海老名でも準備は着々と進んでいます。我々スタッフも集団接種には休日返上で協力する予定です。

個別接種についてはまだ決まっていないことも多いので、具体的にはまだなんとも言えません。

さて、世間では携帯電話の格安プランなどが話題となっていますが

現在、我々の生活にインターネットやスマホは欠かせなくなっていますよね。

何を調べるにもすぐに検索すれば情報を得られるので便利な世の中になりました。

一方で病気について検索し不安が増長することがあります。

自身が思う悪い方、悪い方に検索してしまい、自分がその病気と思い込んでしまうことすらあります。

インターネットには誤った医療情報掲載されていることも少なくないです。

不安を煽ってから商品販売に誘導するサイトもあります。

以下に信頼できる糖尿病サイトについて掲載します。

 

知りたい!糖尿病

初めて糖尿病と診断された方やご家族におすすめのサイトです。

基本的な事が正確に記載されています。

糖尿病サイト

見やすく丁寧な説明が特徴のサイトです。基本的な事に加え、

今日の献立含めた、すぐに役立つ知識が満載です。

糖尿病ネットワーク

非常に多岐にわたり情報を提示している老舗サイトです。

(一部の広告バナー有無をご理解の上御覧ください。)

 

本当はインターネットでなく診察室で皆様の疑問には何十分でも答えたいのですが

待ち時間と相反するところでもあります。

いろいろ相談がある方は夕方などの空いている時間に受診をお勧め致します。

(朝一や午後一は混雑することが多いです)


点鼻グルカゴン製剤(主にご家族などが使用する低血糖の救急処置薬です)

遅くなりましたが今年もよろしくお願い致します。

今年はコロナワクチン接種が始まります。その効果に期待したいですね。

よく「先生はワクチンを打たれますか?」と聞かれますが私の答えは「迷わず打ちます」です。

詳細はここでは控えますがかなり良い成績が出ていると思います。

 

さて、今回は点鼻グルカゴン製剤についてです。

当院通院中で必要と思われる方には順次アナウンスを行っていますが「低血糖」という血糖値が下がりすぎて体調が悪くなる事象です。詳細はこちらをご覧ください【低血糖について】

特に、重症で意識が悪くなったりして家族などが対応するときにはこれまでは、血糖値をあげてくれるグルカゴンの注射製剤というものがありました。

しかし緊急時に針や薬の攪拌などの作業を伴うため必ずしも容易とは言えない部分がありました。

2020年10月に鼻の穴から投与する製剤が新しく処方できるようになりました。

これはまるで花粉症の点鼻薬のようにノズルを鼻の穴に入れ、ボタンを強く押すだけの非常に簡単なものです。

低血糖自体を必要以上の怖がる必要はありません。しかしインスリンやSU薬という比較的強いお薬を使った上での低血糖を繰り返していると、カウンターホルモンといって血糖値を上げてくれるホルモンが反応しずらくなるのことがあります。

過去に意識を失い救急搬送されたことがある方は、常備しておくと安心かもしれません。

ご家族などで心配な方も、これがあると安心感が高まると思います。工場出荷から約2年の使用期限があります。

詳細は医師か薬剤師にご相談いただくとよいと思います。


改めて12/28~1/3休診です。人気の記事をまとめました。

11月にお知らせいたしましたが、改めて12/28(月)より1/3(日)まで年末年始休暇をいただきます。

休診中の対応は医師会のホームページをご覧ください。

本年も大変お世話になり、ありがとうございました。

今年は未曽有の感染症対策に追われる1年でした。

ワクチン等が効果を挙げる事に期待したいですね。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

来年の休診スケジュールも更新しました。

トップ画面のカレンダーの月をプルダウンで休診予定をみることが出来ます。

 

アクセスの多い記事をまとめました。よろしければご覧ください。

寒暖差アレルギー

みみかきをしますか?

糖尿病と新型コロナウイルスについて

血圧の目標とは

牛乳は10回噛んで?


【更新】インフルエンザワクチンについて

本年度のインフルエンザワクチンについて、供給を増やしておりますがその供給を極めて大幅に上回るお問合せをいただいております。

今シーズンについては当院で過去にインフルエンザワクチンを打ったことがある定期通院の患者さんに限らせて頂きます。

この場合の定期通院とは次回の予約がある方とさせていただいております。

大変申し訳ございませんがご理解の程どうぞよろしくお願い致します。

 


【重要】令和2年度インフルエンザワクチンについて

【9/12 8:30更新】本年度は

10/1~ 65才以上の方と 60~65才の重篤な基礎疾患をお持ちの方。

10/26~ 65未満の方 となる予定です。

キャプチャ

新型コロナウイルスの感染拡大を受けてインフルエンザへの警戒も高まり、ワクチンの接種を希望する人が急増すると見られています。

特に糖尿病は新型コロナウイルス重症化の要因の一つと考えられています。

過去のブログ「糖尿病と新型コロナウイルスについて」

厚生労働省は10月以降の接種について、「65歳以上の高齢者など重症化リスクの高い人に対して優先的な接種を呼びかける」と発表しました。

当院でも例年インフルエンザワクチンを接種していますが、今年はワクチンを必要とする患者さんに滞りなく提供する目的で、いくつか制限を設けさせていただきます。

 

*この場合の定期通院とは次回の予約がある方を指します。

*原則としてインフルエンザワクチン接種の予約は受けていません。定期受診の際に接種する形になります。

*今後の状況により接種の条件を変更させていただく場合もございます。あらかじめご了承ください。

①当院でインフルエンザワクチン接種歴のある定期通院中の方

→10月1日~ もしくは10月26日~ の定期受診の際にお申し出ください。当日接種となります。

*ワクチンは一定数確保できる見込みです。慌てて定期予約外で受診なされないで下さい。定期受診が11月だが10月中にワクチンだけ打ちたいなどの希望には沿うことができません。

待合の混雑やワクチンの在庫切れを防ぐためにご協力お願い致します。

②当院でインフルエンザワクチン接種歴のない定期通院の方

*糖尿病の重症度と年齢などのリスク、ワクチンの在庫に合わせて診察日当日に医師が判断致します。定期受診の際にお申し出下さい。

必ずしも打てるとは限りません。特に糖尿病がなく比較的若い方で会社など他で接種の機会があればそちらでの接種をお勧めいたします。

③当院定期受診中でない方

*初めての方は、同法人グループ「つげの木内科クリニック」に直接お電話でお問い合わせください。
046-259-8330 つげの木内科クリニックホームページはこちら

 

※市によって接種開始日・費用など詳細が異なります。各自、ご確認ください。

待ち時間短縮と感染予防のため、検温をしていただいてから来院していただきますようお願いいたします。

た、待合室の密集を避けるため予約時間より早い来院はご遠慮ください。ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。