生命保険・医療保険

生命保険や医療保険の加入には持病の申告は必須です。

以前は糖尿病も含め持病があると加入できないと指摘されることが多かったように思います。

最近では条件が緩和され糖尿病も含めた持病があっても加入できるケースが増えています。

しかし料金は割高なのも事実です。各会社によってさまざまな種類があり

その費用と、必要かどうかについて吟味する必要があると思われます。

当院では糖尿病の患者さんが加入できそうな生命保険・医療保険のリストをご希望の方に配布しております。

必要な方はスタッフもしくは院長までお問合せ下さい。

 


夏の糖質

緊急事態宣言は解除されていますが神奈川県もCOVID19の感染はいまだ続いています。引き続き

✔マスクの着用

✔手洗い 手指消毒の励行

咳 くしゃみエチケット ← クリック

をよろしくお願い致します。

COVIDの重症化を防ぐのに血糖コントロールが重要なことは先のブログでも述べました。

糖尿病とコロナウイルス(COVID19)について ←クリック

日本において夏は基本的には血糖値が良くなる季節です。しかし血糖を悪化させるものもいくつかあります。その代表格は糖入り飲料です。糖入り飲料の過剰による異常な高血糖をペットボトル症候群とも言います。2型の中でもスポーツドリンクなどの過剰摂取によるもので、若い方に多い病態です。
高血糖状態になると喉が乾くのですが、その状態で糖入りの飲料を過剰摂取することでさらに高血糖を助長するというものです。ペットボトル入りの飲料に限らず紙パック入りの糖入り飲料やビン入りの飲料、果物の過剰摂取などでも起こります。

最近はミネラルウォーターのようにみえる糖入り飲料も増えています。レモンの香りがついているだけで、糖は含まれていないのか?それともレモン味で糖が多く含まれているのか?購入の際には裏面の成分表示を確認し、「炭水化物」の欄が0gでない場合基本的には避けたほうが良いでしょう。
最近やけに喉が乾く、夜間に尿で起きるようになった、(ソフトドリンクなどの)水分を多く取っているのに体重が減り始めた、これらの症状が出現したら要注意です。

学会などの報告では果物の過剰による異常高血糖の報告も多くあります。自身も大学病院では果物や糖入り飲料の過剰による異常な高血糖による入院患者さんを多くみてきました。

すいか、桃、ブドウなどなど。

いずれも少量であれば問題ありません。具体的な量は医師、看護師、もしくは当院の栄養士まで聞いてくださいね。


糖尿病と新型コロナウイルス(COVID-19)について

最近また質問が多くなってきたので過去のブログ「糖尿病と新型コロナウイルス」へのリンクを再掲載しておきます。

こちらをクリック

 

またこちらの神奈川県医師会「かながわコロナ通信」も非常にわかりやすいので

コロナの情報を得たい方は一度確認してみてはいかがでしょうか。

糖尿病についても書いてあります。

よくテレビなどで話題のPCR検査についてもわかりやすく書いてあります。

正しい情報を集めてしっかりと対応してゆくようにしましょう。


5月18日クリニック現況 1日を通じて空いています!

5月18日現在 当クリニックは朝一を除き混雑を解消できております。

 

新型コロナウイルス対策として

・引き続き予約枠の制限と空いている時間への予約変更案内

(皆さまご協力頂き本当にありがとうございます!!)

・窓の開放と常時換気

・待合室の間隔拡大

・診察室では2メートルの距離確保とビニールカーテンの追加

・非接触型手指アルコール消毒装置の設置

などの対策を引き続き強化して行っております。

 

受診を控えることや、通勤が減ったこと、自宅で間食が増えたり

お薬を切らしてしまい糖尿病が悪化している方がそこそこ見受けられます。

お薬がなくなりそうな方はお電話で結構ですのでご相談下さい。

心配な方もお電話でご連絡ください。必要な時にはいつでも院長が電話対応いたします。

予約にこれずに気まずくなってしまった方でもいつでもご相談ください。


咳 くしゃみ エチケット順守をお願いします。

待合では咳エチケットの順守をお願いします。

入口の自動ドアについては 肘や拳での タッチをお願いします。

エレベーターのボタンも同様です。歩ける方はなるべく使用しないことを勧めております。

トイレのドアノブを触ったあとには消毒をお勧めしています。

また雑誌の撤去に伴い、必要であれば院内Wifiをご利用ください。

たまに調子が悪いときがあるので院内Wifiが繋がらないときはスタッフまでお申し付けください。

 

ET16pEQUEAEjFQi