10月29~31休診です

当院では火曜(東海大)と日曜祝日の休診日に加え、

学会、公務、その他の休診日がございます。

今月は29(木)~31日(土)が休診です。

特に今年はコロナ関連で学会等の開催日程変更等あり

こちらのホームぺージ上のカレンダーで最新情報をご確認下さい。

表示月をプルダウンすると翌月以降のスケジュールも見ることが出来ます。

google等のポータルサイトの定休日は不確実な事がございますのでご注意下さい。


9月30日(水)はお休みです。10月もお休みがあります。11月はお休みありません。

急に涼しくなってきました。夜つい窓を開けて寝ると冷えすぎてしまうことがありますね。

冬用のお布団を出してもよいのかもしれません。

余談ですが、痛風発作は温度変化が大きいと起こりやすいと言われているので

体を暖めて足だけ冷えた状態で寝ると発作が起きやすいかもしれません。

当院では明日9月30日(水)は休診を頂いております。

10月は15日の午後、29.30.31日がお休みです。ご注意下さい。

トップページのカレンダーから年間のスケジュールが確認できます。

得に予約外の受診の際には、どうぞご確認の程よろしくお願いいたします。


夏季休暇のお知らせ(8/17~22です)

当院では8/17(月)~22(土)に夏季休暇を頂きます。

お薬や針、血糖測定のアイテムが不足しそうな方は15日(土)までにご来院ください。24日(月)から通常診療となります。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程どうぞよろしくお願い致します。

~~~~~~~~~~

さて、とても暑い日が続きますね。コロナ禍でマスク着用に伴い熱中症リスクも増しています。

熱中症にならないためにはシンプルですが、

✔暑いところに長時間体をさらさないこと

✔涼しいところに避難し水を浴びたりする です。

「汗が出なくなるといけないから水分と塩分をしっかりとる」

この考えは間違いではありません。ただ汗で気化熱として発散する以上に暑いところに体をおけばいずれオーバーヒートすることは避けられません。

心拍数を測定してもよいと思います。具合が悪く、手首で脈をとって1秒に2回以上脈が打っていたらやや危険な兆候かもしれません。(心臓病をお持ちであったり脈を抑える薬を飲んでいたりするとその限りではありません。普段の脈と合わせて医師にご相談下さい。)

「水だけだと塩が不足する」

この考えも間違いではありません。汗で塩を失い水だけ摂取していると低ナトリウム血症といって具合が悪くなることがあります。

しかし塩をたくさんとればよいかというとそうでもありません。日本人の多くは塩分過剰ですし汗で失われる塩はそう多くなく、例えば2Lの汗をかいたとしても失われる塩は2g程度と考えられます。これはみそしる約1杯分、もしくはうめぼし1個とちょっとです。朝や昼を欠食せずにしっかり食べていれば、そこまで塩分不足を懸念する必要はないと思います。(屋外業務やスポーツに従事する方は除く)

スポーツドリンクなど過剰摂取で必ずしも熱中症は防げませんし、糖尿病の方は血糖値が急激に上昇し、口渇が発生するという悪循環になりやすいです。ジュース・アイス・果物の過剰摂取には十分注意しましょう。

塩タブレットなども、ものによってはほとんどブドウ糖ということもあります。成分をよくみて購入しましょう。商品によってばらつきが大きいです。詳しくは院長まで相談してくださいね。買ってきて頂いたものを診察室で提示して頂いてもよいと思います。