ブログ

頻尿とは

本日は尿のトラブルのお話です。

尿のトラブルは意外と多いことが知られています。

特に糖尿病ですと尿の回数が増える事が知られています。

 

排尿というのは実はとても高度な制御がなされています。

たとえば小学生低学年でもおもらしをする子はいますよね。

極論すると簡単な漢字の書き取りより高度な制御という場合もある、ということです。

高齢になれば尿のトラブルは必発といってもよいくらいです。

 

個人差はありますが一般的に

日中の排尿は 7回以下

夜間の排尿は 1回以下

1回の排尿量は200~400ml

1日の排尿量は1000~2000ml

が良いとされています。

 

特に夜間の頻尿で睡眠が邪魔される方も多いと思います。

①水分のとりすぎに注意する。

夕食以降、夜寝るまでの水分のとりすぎは注意しましょう。

かといって水分をとらなすぎるのも問題です。体格にもよりますが大雑把に1日1.5~2Lは飲水は必要です。

発汗なども影響するので一概には言えませんが色の濃い黄色の尿が少量しかでないときは脱水と考えてもよいかもしれません。

逆に透明な尿がしっかり出ていれば飲水は十分かもしれません。

 

②利尿作用が強いものに注意する。

カフェイン、アルコールは利尿作用がありますので飲んだ以上に排尿があり、結果として脱水、口渇につながることがあります。

コーヒー 濃い紅茶 濃い緑茶などがカフェインを含みます。

カフェイン、アルコールを摂取する際には他のもので水分摂取を加えましょう。

カフェインレスですと 麦茶などがおすすめです。最近はカフェインレスのコーヒーやお茶も増えていますね。

スポーツドリンクは糖分が多く糖尿病の悪化リスクがあるので勧めません。

ゼロカロリーのもの「・・・(商品名)ゼロ」などであれば問題ありません。

 

③塩分を控える

味噌汁、漬物、しょうゆ、せんべい、ポテトチップ、生ハムやソーセージ、麺類(つゆ含め)、外食

は塩分が多いです。塩分をとりすぎると尿が増えたりのどが渇いて水分をとりすぎる事があります。

 

④夕以降軽い散歩をする。

夕以降の軽い散歩は足のむくみを解消して夜間の尿量を減らす効果やストレス解消で安眠作用があると考えられています。

 

⑤温度と湿度を調整する。

夏は暑さ、冬は乾燥によりのどの渇きが出る事があります。

 

夜寝る前にトイレに行くのもよいですね。

 

明らかな尿トラブルの際には泌尿器科の受診をお勧めしています。


【6月1日~6月15日まで】60歳未満で基礎疾患を有する方の新型コロナワクチン優先接種申請【6/12更新】

海老名市から基礎疾患を有する方の新型コロナワクチン優先接種について更新がありました。

海老名市当該ホームページ←ここをクリック

当院に通院中の、高血圧、糖尿病で治療を受けている方は原則対象になります。

コレステロールのみ、通常の甲状腺疾患(がん治療を除く)は対象外です。

6月1日~6月15日ネット(もしくはお電話)での申請になります。

60歳から64歳までの方と同時期に接種券が発送されます。(変更前:接種券の優先発送 → 変更後:集団接種の優先予約)

市ホームページなどで更新の予定ですがこちらでも随時更新してまいります。

繰り返しになりますが当院で通常診療している範囲でワクチンを打てない方はいません。高血圧、コレステロール、尿酸、糖尿病、甲状腺の内服薬、インスリンの注射、GLP-1(ビクトーザやトルリシティ)の注射、すべて問題ありません。心筋梗塞や脳梗塞があり、いわゆる血液サラサラ系のお薬を飲んでいてもいつも通り止血をしっかりすれば問題ありません。

 

*変更前:接種券の優先発送の申請 → 変更後:集団接種の優先予約の申請  6/12 8:45


6月2日(水)休診です

来週6月2日(水)は休診です。

お薬が6月3日(木)までに足りなくなりそうな方は5月31日(月)に受診をお勧め致します。

どうぞよろしくお願い致します。予約日に来れずお薬が切れてしまいそうな方は

予約外でも結構ですので起こし下さい。(混雑状況によりお待たせする可能性はあります。)


【重要】65才以上の新型コロナワクチン接種希望の方へ 

当院は去る5月、GW明けに開院5周年となりました。

2016年5月に開院しましたが大きなトラブルなく(水漏れのトラブルが3回と電子カルテの停止が1~2回、院長の病欠が2回程ありましたのは内緒です。)

すばらしい患者さん達と巡り会えたおかげだと思っています。みなさんの血糖改善と笑顔がなによりの活力です。

本来であればもう少し長く書きたいのですが重要な話題ですので早速本題に入ります。海老名市 高齢者新型コロナワクチン接種についてです。

年齢区分 集団接種
開始日
集団接種
予約開始
接種券
発送日
80歳以上の方
(昭和17年4月1日
以前に生まれた方)
5月26日
(水曜日)
5月17日
(月曜日)
9時から
5月10日
(月曜日)
75歳~79歳の方
(昭和17年4月2日
~22年4月1日生まれ)
6月2日
(水曜日)
5月25日
(火曜日)
9時から
5月18日
(火曜日)
70歳~74歳の方
(昭和22年4月2日
~27年4月1日生まれ)
6月5日
(土曜日)
5月31日
(月曜日)
9時から
5月24日
(月曜日)
65歳~69歳の方
(昭和27年4月2日
~32年4月1日生まれ)
6月9日
(水曜日)
6月4日
(金曜日)
9時から
5月28日
(金曜日)

現時点で当院から3つメッセージがあります。

①接種券が届きましたらまずは集団接種の申し込みをしてください。

理由:集団接種の方がワクチンの配送や解凍、接種、残薬の破棄リスクなどの効率が良いからです。私田中は5月30日(日) 6月6日(日) 6月20日(日) 6月27日(日)すべて海老名市の集団接種会場にいます。火曜日も東海大で勤務していますから5週間で休日は1日だけです。できれば通常診療をスムースに行うためにも集団接種会場でお会いしましょう!無料のシャトルバスも運行予定です。(※シャトルバスの時刻表、各のりばの詳細は現在調整中です。)

②ワクチンの予約はインターネットからなるべくしてください。

お電話はほぼ不通が想定されます。インターネットができない方はできるだけインターネットの出来る若い方に声を掛けてください。(このホームページも見ていないと方用にアナログの紙媒体でも案内を院内で配布しています。)アクセスは

海老名市コロナワクチン接種予約窓口(外部リンク)】 👈ここをクリック

(予約開始の日時までメンテナンス表示になります。)たまたま診察日に重なれば当院でもできる範囲で予約のお手伝いをします。それでも集団接種が一杯になるなど、予約がとれなければ診察の時に相談してください。時期は遅れると思いますが個別接種を調整しましょう。順番を待って落ち着いて相談していきましょう。

③ワクチンを打っても大丈夫か?の質問について

当院で通常診療している範囲でワクチンを打てない方はいません。高血圧、コレステロール、尿酸、糖尿病、甲状腺の内服薬、インスリンの注射、GLP-1(ビクトーザやトルリシティ)の注射、すべて問題ありません。心筋梗塞や脳梗塞があり、いわゆる血液サラサラ系のお薬を飲んでいてもいつも通り止血をしっかりすれば全く問題ありません。

問題になるケースは・抗がん剤 ・免疫抑制剤 ・高容量のステロイドなどです。いずれも当院で処方されることはありません。その際はそれらのお薬を通院中の病院にご相談下さい。

花粉症などを除く重度のアレルギーについては個別に相談が必要と思われますので診察室でお尋ね下さい。

 

日々情報が更新されますのでまたなにか分かった際には随時更新してゆきますね。