ブログ

4月5月の通常以外の休診日は4月29日~5月5日と5月13~14日です

4月29日~5月5日は連休を頂きます。また5月13-14日は学会のため休診です。

大変ご迷惑をおかけ致しますがどうぞよろしくお願い致します。

ちなみに学会はコロナのためオンラインでの参加になります。

移動を楽しみにしているドクターもいると思いますが、自分はオンラインの方が楽で今後もオンラインの参加が中心になるのではと思います。

運動不足にはなってしまいそうですのでその分運動をしっかりやりたいですね。当院ではスタンディングデスクをお勧めしています。

特に連休中に注射や血糖測定器具が不足しそうな方は4月28日までに受診をお願い致します。


医者は薬の色や形がわからない?

『え~っと、あの、なんだっけ?白い丸いやつ。あれが10粒余っているかな。』『あと、黄色いやつ。小さい黄色いやつ。あれも2シート余ってる。』

慢性疾患のお薬というのはついつい余りがちですよね。かくいう私、院長も花粉症のお薬を飲み忘れる事があります、、、昔は上記のような伝え方でもお薬の調整はできました。それは院内で処方をすればどの薬がどんな見た目か把握できたためです。

しかし今は上記のような伝え方だと医師には伝わりません。。。
『ジェネリック薬品』が多くなってきたからです。

医師が処方箋に記載するのは成分であって、メーカーまでは指定していません。すると、薬局によって同じ成分でもメーカーが異なると見た目が全く異なるのです。同じ薬局でもメーカーが変わることもあります。

ですので、残薬を医師に伝える際には『成分名』たとえば『アレグラ®』とか『フェキソフェナジン』とか『リバロ®』とか『ピタバスタチン』と伝えてください。

覚えにくい場合が多いですからお薬手帳に丸を付けたりしても良いですね。

 

 

 


ごく一部のインスリンの欠品について

インスリンはどこで作られているでしょうか?

それはアメリカであったりデンマークであったりフランスであったりします。

今回のウクライナ情勢による航路制限によりデンマークからのインスリンの一部が滞っています。

ほとんどのインスリンは問題ないのですが、ごく一部で輸入遅延がみられるため4月の診察の際にご説明および代替品の処方を行っております。

それに関して診察が少し長くなる可能性がありますが、待ち時間が長くならないように努力してまいりますので引き続きどうぞよろしくお願い致します。

5月には供給が安定する見込みですので影響はごくわずかと考えます。

主に1型糖尿病などで使用されるインスリンではございませんので、特に1型や膵全摘の方はその点ご安心下さい。


3月4月の休診日 

3月30日(水)31日(木)

4月30日(土)は休診となります。

ご不便をおかけいたしますがどうぞよろしくお願い致します。

 

*ホームページトップおよび院内のカレンダーに年間休日スケジュールが記載されています。

適宜ご確認頂けると幸いです。


糖尿病治療の進歩

コロナ、ロシアと暗い話題が多いですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

糖尿病の治療は食事運動お薬の3本柱ですね。

そのなかでもお薬は大変な進歩をしています。

代表的なものがインスリンポンプシステム。

オートモードを選ぶと高い血糖値も低い血糖値も自動で補正してくれる、まるで自動車の自動運転のような機械です。

未来という感じがしますね!(保険適応は1型、もしくは準ずる病態に限られます。)

スマートフォンで血糖値を随時表示してくれるものをあります。

飲み薬もこの15年で3種類ほど増え8種類に増えました。

それぞれ保険適応や注意点が異なります。

手術の時などに休薬が必要なものもあります。

うまく使いこなしてより良い血糖コントロールとしてゆきたいですし

確実に治療法は良くなっていると実感します。

 

あと最近は帯状疱疹ワクチンのお問い合わせも増えています。

約4万円と高いですが有効性が認められています。

コロナ抗体の検査も取り扱っています。

駐車場が混雑していることがあるので事前にチェックできる方は確認をお勧め致します。

おかげさまで募集していた看護師さんと受付さんは決まりました。

別れの季節は寂しいものですが新たな出会いも楽しみなものですね。

コロナ感染はまだまだありますので、引き続きマスク着用等どうぞよろしくお願い致します。