血圧の目標とは?  

先日ドラマの撮影をしていたのを見たのですがもう完全に冬服でした。きっと放送されるのは寒い冬になるのでしょうか。このところ急に冷えてきました。気温が低くなると感染症も増えますし血圧も上がりますから、あまり寒くなりすぎないことを祈っています。

~今回は少し長いので血圧について知りたい方のみ御覧いただければ幸いです~

さて、血圧についてです。血圧はとても大事です。今回は糖尿病に絞って血圧のお話しをいたします。まず血圧とはなんでしょうか?血圧とは心臓から血液を送り出す圧力のことです。高いほうを収縮期、低いほうを拡張期と言います。一番高いのは心臓が一番収縮したとき、一番低いのは心臓が一番拡張したときだからですね。

血圧を決める要素は3つです。

①血管に流れる水分の量 ②心臓の力 ③血管の抵抗です。

 

①血管に流れる水分の量

これは実は塩分の事です。血管の中の水分の量は塩分が決めています。

実は血管の中と外は水分は自由に行き来できるのと、尿などで水分量は自動調整されていて、(よくある「水太り:水を飲んだら太る」という概念は医学的には証明するのが難しいです。)塩分量で水分量が決まるのです。日本人が塩分多いのはみなさま良く御存じですよね。

味噌汁、漬物、調味料などを控えるのが基本になります。汁物は飲まないようにして 味噌汁などは具だくさんで汁は飲まないように。漬物もなるべく浅漬けが良いです。調味料もポン酢やワサビ、からし、レモン果汁などをうまく使い、しょうゆやドレッシングなどは上からドバーっとかけることは控え、小皿に出してチョコンとつけるのが基本です。

②心臓の力

これは動いたあとや朝、に血圧が高くなる理由ですね。ホルモンの関係などで日内変動があります。安静で測定するのが基本ですね。当院の場合、採血がある方は採血後にしばらく座っていただき「そろそろ診察に呼ばれるかな~?」くらいで血圧を測定するとよいと思います。細かい振動を感知しているため会話をしたり咳をすると異常値が出ることがあります。尿を我慢すると血圧は上がりますから用を足した後しばらくしてから測定するとよいですよ。測定はタ●タさんやオ●ロンさんなどの有名ブランドの肘のタイプで自宅で行う事をおすすめします。5000円~1万円程度のものが良いと思います。最近は不整脈モニターがついている機種やスマホにデータを蓄積できる機種もおすすめですね。

③血管の抵抗

いわゆる血管年齢で血管の固さです。年齢やタバコの影響が大きいです。その他ストレスや不眠なども影響があります。夜中のいびきや呼吸停止、頻尿に加え朝の頭痛や日中の眠気がある方は睡眠時無呼吸症候群で高血圧になっている可能性もあります。夜中のうちにまるで首を絞められるようなストレスを受けているわけですから。高血圧のお薬が3種類以上でている方の多くに睡眠時無呼吸症候群があるというデータもあります。その他まれなものとして副腎や甲状腺の異常のこともあります。当院ではホルモン検査や無呼吸の検査も行います。不整脈などが出ている方は循環器内科に相談してください。

 

最後に血圧の目標値についてです。

最近は血圧の目標値が下がり、もしかすると『製薬会社の陰謀だ!』なんで意見が世の中にはあるかもしれません。今回は当院通院中の患者さんでポイントを絞って血圧の目標を説明したいと思います。

ズバリ『尿たんぱくが出ている方!』です。

変な話なのですが「多少の高血圧の方が体としては調子が良いと感じる」と思います。極端な低血圧だとフラフラしますからね。たちくらんだり。それは例えれば「シャワーの水圧が高いほうが浴びる人は気持ちいい」みたいなものだとしましょう。せっかくの旅行でホテルにいって水圧が低かったらがっかりしますよね。

ところがです、もしシャワーの裏の配管から水漏れを起こしていたらどうでしょうか?ホテルの壁の裏が徐々に水浸しになっていたら大変ですよね。そしてその場合、業者さんは水圧はなるべく低くして水漏れは進行しないようにするかもしれないですよね?

これが尿たんぱくが出ている人が血圧を下げる必要がある理由に相当するのです。腎臓というのは毛細血管に圧力をかけて血液から尿をろ過します。しかし糖尿病や高血圧でダメージがあると足細胞(ポドサイトといいます)が傷つき、そこから尿たんぱくが漏れるのです。

なので糖尿病があり、尿たんぱくがある方はむしろ何もない方より血圧をより下げたほうが良いのです!これが血圧を下げる理由です。

「血圧は自然のものだから下げなくていいんだ」

「動脈硬化は年齢によるから血圧が上がるのは仕方ないんだ」

「血圧の薬は一度始まったら一生やめられず薬漬けになるから飲まないんだ」

という考えも一般にはあるかもしれません。それもなんとなくお気持ちはわかります。ただ、腎臓が傷つき、腎不全になり血液透析に移行するリスクのある方はキッチリ血圧を下げたい理由がここにあります。

今回は尿たんぱくに絞ってお話ししましたが、他にも脳や、心臓、大動脈など血圧を下げる理由はいくつかありますので「尿たんぱくが出ていないからもう血圧の薬は飲まなくてよいんだ!」という事ではないので診察時に確認してくださいね。尿たんぱくが出ているか診察の時に説明していると思いますがわからない方は直接聞いてください。

すこし長くなりましたが今回のお話しは以上です。


インフルエンザワクチンの接種開始致しました。

今年はインフルエンザの流行が早いですね。神奈川でも学級閉鎖が出ています。

当院でもインフルエンザの予防接種を10月1日から開始致しました。

コクーン戦略をご存知ですか?

重症化しやすい乳幼児や高齢者を「繭」で包むようにみんなでワクチンを打って守るという戦略です。

ですので乳幼児や高齢者だけでなく元気な若い人も打ったほうがよいのです。

もちろん糖尿病の方々は「基礎疾患を有する」というグループに入りパンデミック(爆発的に増える感染症)ワクチンであるインフルエンザ予防接種の優先対象ですので当院では定期通院患者さんにはワクチンを勧めています。

特に今年来年とスポーツの祭典が多く(これをマスギャザリングといいます)感染症の流行が懸念されています。

いまでもワールドカップやオリンピックのたびに感染症は世界中で流行しているのです。

かかりつけの方であれば当日打てることが多いですが、できれば事前予約をお願いいたします。

 

海老名市のインフルエンザ補助は今年も

①中学3年生の方は1000円

②65才 77才 88才 の方は無料

③65才以上の方は1000円

です。

 

綾瀬市、座間市は65才以上1700円の負担となっております。

自費の方は4100円となっています。

どうぞよろしくお願いいたします。


インスリンは怖い?

「インスリンは怖いものだ」

「だいたい低血糖を起こし救急車で運ばれる」

「近所の人はインスリンを打ち始めた後に亡くなった。だからあれを打ったらもうおしまいだ」

「いちど打ったら一生やめられない」

 

はい!当然間違いですね。誤解の原因は

✔ 1型糖尿病と2型糖尿病の区別がついていないこと

✔ 2型糖尿病の中でもインスリン分泌能力の差があることを知らないこと

です。

 

2型糖尿病は太っている人がなる病気でしょうか?

この考え方は正しくありません。

 

アメリカ人と日本人どちらが糖尿病が多いでしょうか?

摂取カロリーが多いのはアメリカ人で自動車保有率の高いのはアメリカ人です。

でも2型糖尿病の発症率は同程度なのです。

 

これはインスリンを出す膵臓という臓器の力の違いが影響しています。

 

すごく単純に申し上げると、体重の多い2型の患者さんはやせれば糖尿病は良くなります。

しかしやせている2型糖尿病の患者さんはこれ以上やせることはできません。

 

糖尿病で通院中のみなさんは自分のインスリン分泌能力をご存知ですか?

これがなんとなくでもわかる人はバッチリです。

これがまったくわからない人は要注意かもしれません。

 

空腹時採血で知ることができますので診察時にお申し出ください。

(採血が必要と思われる患者さんには診察室で案内しているはずですよ)

 

ちなみに当院のデータではインスリンが開始になった2型糖尿病患者さんのうち

(不定期通院や過度の飲酒の患者さんを除き)

約50%はインスリンを離脱することができています。

 

当院は開院してまだ3年ですが

入院が必要なレベルで高血糖であった患者さんでも通院を終了し

当院を卒業し健康診断でフォローとなった方も複数おられます。

 

基本的にインスリンはとても良い物です。

自身の体から出ている足りないものを補充するイメージです。

インスリンが発見されて約100年。

医学は日進月歩です。つい10年前と比べてもまるで別の世界のようです。

インスリンも細かく進化しています。

 

自己血糖測定器やポンプ、持続血糖測定器しかりです。

当院では専門の知識をもった医師と、スタッフが対応いたしますので

疑問に感じたことはなんなりとご相談ください。


牛乳は10回噛んで?

暑いですね!熱中症のニュースが多いですが、皆さま体調はお変わりないでしょうか?(糖尿病と熱中症、脱水についてもそのうち書かなくてはと思っています。)

今日の題名、私の祖母の良く言っていた言葉です。

小学生の頃、『??なんでだろうな?? よく意味が分からないな』と正直思っていました。暑い日に冷たい飲み物を一気にのんだらおいしいですよね。

たしかに冷たい飲み物や熱い食べ物などは食道がんのリスクなどになるのですが、今回は糖尿病のお話しです。

糖尿病は食事と関係の強い病気ですよね。たとえば野菜から先に食べるベジファーストだったり、寝る前に食べないようにしたり、食事の間隔をあけ過ぎないようにしたり。

いろいろとコツはあるのですがその中でも『食事を食べるスピード』が糖尿病との関連が深いという研究が福島県立医科大学から世界に向けて出ています。(Sci Rep. 2019 Jun 3;9(1):8210)

別に同じカロリーを食べるのだから速度は関係ないのでは?と思うかもしれないのですが、これにはストレスだったり咀嚼のエネルギーだったり理由がいくつかあって詳細は省くのですが、個人的に気になるポイントを一つ。

よく噛むと唾液が多く出て、その刺激で腸からGLP-1といって血糖値を下げてくれるホルモンが分泌される可能性があるということです。

このGLP-1というのは最近10年くらいの注射薬で、インスリンとは異なる低血糖を起こさず体重増加も起こさないホルモンのことです。

もちろん私の祖母は普通の主婦でしたからGLP-1を知っていたかというとそんなわけはありません。

『牛乳を10回噛んで飲みなさい』というのはおなかを冷やさないとか、そういう意味だったと思うのですが糖尿病についてもゆっくりよく噛むのは意味があるということです。

外食チェーンでは平均食事時間が3.5分というところもあるそうです。理想は野菜5分、お肉などの主菜5分、米10分 計20分とされているようです。

お仕事をされている方の一部には『食事を早く食べるのが優秀な証』のような考え方もあるかもしれません。今一度食事の速度を見直してみませんか?

もしご家族と一緒に食べるのであれば最後に食べ終わる。外食をするなら同時に頼んだ人よりも遅く食べ終わるだけでも良いかもしれません。

そんな小さな習慣の積み重ねが血糖値の改善につながるかもしれません。

ベジファーストについても芋やトウモロコシを避けるなどポイントがございます。

当院では管理栄養士による栄養指導も行っておりますし、診療の時にもし疑問点がございましたら直接院長までぜひお尋ねください。


低血糖について

4月になり新しい生活が始まった方も多いと思います。

一部では桜の花が雪化粧をするなんてこともあるようですが

一般的には暖かくなってきてバタバタするこの時期に一度低血糖を見直してみませんか?

 

低血糖という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

通常糖尿病でない方の血糖値は70~110程度に保たれています。

当院では基本的には70未満を低血糖と定義しています。

 

低血糖の原因はいくつかあります。

①食事をとらない。

そのままですね。忙しい朝、朝食を食べない。昼が業務多忙で食べられない。などなど

②のみぐすりの副作用

多いのがSU薬(エスユーやく と読みます。)といってグリメピリド、グリクラジド、グリベンクラミドという飲み薬です。

24時間膵臓を刺激し続けるため夜間の低血糖などが多い事が知られています。

糖尿病の飲み薬では最も古く、便利で強力な薬なのですがその分低血糖のリスクが高めとなっています。

あと、実は一部のサプリメントでも低血糖を起こすことが報告されています。

③インスリン

多いのが食事をとらずに食事用のインスリンを打ってしまうことです。

最近は打ち忘れや重複打ち防止機能のついたインスリンもあるので

『あれ~ そういえば朝打ったかな~?』とか

『昨日の夜 疲れて寝てしまったけど夜のインスリン打ったかな~~??』

なんてことがある方はぜひご相談下さい。直近で打った量と大まかな時間がわかるインスリン用のペンがあるのですよ。

④炭水化物の過剰摂取

低血糖はなにもお薬の副作用や絶食だけが原因ではありません。

反応性低血糖というのですが、たとえばお昼に素のおうどん大盛を急いで食べたとします。

その後血糖値が急激に上がって、慌てた膵臓がインスリンを多く出します。

するとその後低血糖症状が夕方ぐらいになって出ることがあります。

対策としてはお昼に蛋白質などをしっかりとるとよいですね。

⑤その他

夜中に暴れてしまうなどの重症低血糖の方はインスリノーマといって

変わった病気の事もあります。(珍しいのであまり心配はしなくてよいです。)

その他、簡易血糖測定の誤差(絞り出し低血糖といいます。)の事もあります。

 

最近は持続血糖モニタリングといって24時間血糖を監視できるシステムが多数上市されています。

これであれば夜中の低血糖なども対応可能です。

ちょっと前までは夜間の低血糖はわからなかったので医学の進歩はすごいですね。

また低血糖を繰り返す方には自動でインスリンをストップしてくれるポンプなどもあります。

当院では持続血糖モニタリングとインスリンポンプに力をいれています。

低血糖にお悩みの方はぜひ当院に御相談下さい。

お力になれると思います。

 

 

 

 


12