牛乳は10回噛んで?

暑いですね!熱中症のニュースが多いですが、皆さま体調はお変わりないでしょうか?(糖尿病と熱中症、脱水についてもそのうち書かなくてはと思っています。)

今日の題名、私の祖母の良く言っていた言葉です。

小学生の頃、『??なんでだろうな?? よく意味が分からないな』と正直思っていました。暑い日に冷たい飲み物を一気にのんだらおいしいですよね。

たしかに冷たい飲み物や熱い食べ物などは食道がんのリスクなどになるのですが、今回は糖尿病のお話しです。

糖尿病は食事と関係の強い病気ですよね。たとえば野菜から先に食べるベジファーストだったり、寝る前に食べないようにしたり、食事の間隔をあけ過ぎないようにしたり。

いろいろとコツはあるのですがその中でも『食事を食べるスピード』が糖尿病との関連が深いという研究が福島県立医科大学から世界に向けて出ています。(Sci Rep. 2019 Jun 3;9(1):8210)

別に同じカロリーを食べるのだから速度は関係ないのでは?と思うかもしれないのですが、これにはストレスだったり咀嚼のエネルギーだったり理由がいくつかあって詳細は省くのですが、個人的に気になるポイントを一つ。

よく噛むと唾液が多く出て、その刺激で腸からGLP-1といって血糖値を下げてくれるホルモンが分泌される可能性があるということです。

このGLP-1というのは最近10年くらいの注射薬で、インスリンとは異なる低血糖を起こさず体重増加も起こさないホルモンのことです。

もちろん私の祖母は普通の主婦でしたからGLP-1を知っていたかというとそんなわけはありません。

『牛乳を10回噛んで飲みなさい』というのはおなかを冷やさないとか、そういう意味だったと思うのですが糖尿病についてもゆっくりよく噛むのは意味があるということです。

外食チェーンでは平均食事時間が3.5分というところもあるそうです。理想は野菜5分、お肉などの主菜5分、米10分 計20分とされているようです。

お仕事をされている方の一部には『食事を早く食べるのが優秀な証』のような考え方もあるかもしれません。今一度食事の速度を見直してみませんか?

もしご家族と一緒に食べるのであれば最後に食べ終わる。外食をするなら同時に頼んだ人よりも遅く食べ終わるだけでも良いかもしれません。

そんな小さな習慣の積み重ねが血糖値の改善につながるかもしれません。

ベジファーストについても芋やトウモロコシを避けるなどポイントがございます。

当院では管理栄養士による栄養指導も行っておりますし、診療の時にもし疑問点がございましたら直接院長までぜひお尋ねください。


低血糖について

4月になり新しい生活が始まった方も多いと思います。

一部では桜の花が雪化粧をするなんてこともあるようですが

一般的には暖かくなってきてバタバタするこの時期に一度低血糖を見直してみませんか?

 

低血糖という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

通常糖尿病でない方の血糖値は70~110程度に保たれています。

当院では基本的には70未満を低血糖と定義しています。

 

低血糖の原因はいくつかあります。

①食事をとらない。

そのままですね。忙しい朝、朝食を食べない。昼が業務多忙で食べられない。などなど

②のみぐすりの副作用

多いのがSU薬(エスユーやく と読みます。)といってグリメピリド、グリクラジド、グリベンクラミドという飲み薬です。

24時間膵臓を刺激し続けるため夜間の低血糖などが多い事が知られています。

糖尿病の飲み薬では最も古く、便利で強力な薬なのですがその分低血糖のリスクが高めとなっています。

あと、実は一部のサプリメントでも低血糖を起こすことが報告されています。

③インスリン

多いのが食事をとらずに食事用のインスリンを打ってしまうことです。

最近は打ち忘れや重複打ち防止機能のついたインスリンもあるので

『あれ~ そういえば朝打ったかな~?』とか

『昨日の夜 疲れて寝てしまったけど夜のインスリン打ったかな~~??』

なんてことがある方はぜひご相談下さい。直近で打った量と大まかな時間がわかるインスリン用のペンがあるのですよ。

④炭水化物の過剰摂取

低血糖はなにもお薬の副作用や絶食だけが原因ではありません。

反応性低血糖というのですが、たとえばお昼に素のおうどん大盛を急いで食べたとします。

その後血糖値が急激に上がって、慌てた膵臓がインスリンを多く出します。

するとその後低血糖症状が夕方ぐらいになって出ることがあります。

対策としてはお昼に蛋白質などをしっかりとるとよいですね。

⑤その他

夜中に暴れてしまうなどの重症低血糖の方はインスリノーマといって

変わった病気の事もあります。(珍しいのであまり心配はしなくてよいです。)

その他、簡易血糖測定の誤差(絞り出し低血糖といいます。)の事もあります。

 

最近は持続血糖モニタリングといって24時間血糖を監視できるシステムが多数上市されています。

これであれば夜中の低血糖なども対応可能です。

ちょっと前までは夜間の低血糖はわからなかったので医学の進歩はすごいですね。

また低血糖を繰り返す方には自動でインスリンをストップしてくれるポンプなどもあります。

当院では持続血糖モニタリングとインスリンポンプに力をいれています。

低血糖にお悩みの方はぜひ当院に御相談下さい。

お力になれると思います。

 

 

 

 


4月のお知らせ①新型インスリンポンプについて

暖かくなってきましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか。

海老名の駅間にビナガーデンズが出来、人々の往来が増えてきているのを感じます。

近くではセグウェイ®に乗れる場所もあるようですね。

 

早いもので本日から4月です。

医療業界でも4月1日から変更されることも多くあります。

当院からはインスリンポンプについてご説明申し上げます。

4月からCGM(24時間血糖モニタリング)の取り扱い条件が緩和され、当院でも保健診療で施行可能となりました。

 

特にお勧めしたいのがメドトロニック社の新型インスリンポンプの640Gです。(近日発売予定)

このインスリンポンプのすごいところは24時間血糖を常に監視し、低血糖 もしくは低血糖が予想されるときには

自動的にインスリンの供給を止めてくれるところです。まるで自動車の自動ブレーキシステムのようなものですよね。

特に低血糖にお悩みの方には朗報になると思います。

closed loop(血糖値の上げ下げを自動で行うシステム)により血糖値の自動制御が可能になる時代が遠くない感じがしますよね。

AIの発展が目覚ましい昨今ですが病気にお悩みになる方への朗報が増えてゆくことが期待されます。

 

当院では最新の治療もご提案してゆきます。ぜひご相談下さい。

 

 


花粉症!

花粉症のシーズンですね。日本人の38%が花粉症だそうです。

院長も花粉症ですが、対策を十分に行いコントロールできています。

よくある例は、鼻水・くしゃみ・目のかゆみが出てきた後になってからまるで解熱剤のように頓服でお薬を使い始めて『効果がない!』と感じるパターンです。

花粉症はアレルギー反応なので、アレルギーを起こす前にきちんと定時内服継続を開始することがとても大事です。『防御する盾』のようなイメージですね。

体の中に侵入を許してからだとお薬の効果が出ずらいです。1月~2月のうちに内服を開始し、点眼、点鼻を併用すればほとんどの方はコントロールが可能です。

内服薬にも1980年頃に発売されたものから2016年に発売されたものまでさまざま、副作用や飲む回数、値段に違いがあります。

当院は院外処方ですので様々なお薬が選べます。点鼻薬についても3割負担で1000円以上するものから100円で済むものまであります。

ご相談下さい。

 


インフルエンザにご注意を

寒い日が続きますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。

当院でもインフルエンザの診断をすることが多くなりました。

院長も今年久々にインフルになりお休みをいただくことがありその節はご迷惑をおかけいたしました。

(自宅待機でブログ更新できず申し訳ありませんでした。)

1月いっぱいで海老名市のインフルエンザワクチンの補助が終了になります。

当院ではかかりつけの患者さんのためにワクチンの確保を致しております。来年以降は11月~12月のうちのワクチン接種をお勧め致します。

インフルエンザは死に至ることもある病気です。特に体力の少ない子供や高齢者、そして血糖コントロールがいまひとつの糖尿病の患者さん(目安として若い方でHbA1c>8程度です)は要注意です。

ワクチンでインフルエンザは完全には防げませんが重症化予防の効果があります。

世界でのインフルエンザの関連死は年間65万人と報告されました。(2017 Lancet online)

体調がすぐれない時は無理をせず十分に水分と塩分を摂取して(当院ではスポーツドリンクはすすめていません。糖尿病 ペットボトル症候群)しっかりとお休みになることが重要です。

万が一かかってしまったら他者に感染させないためにマスクしっかりとし咳エチケットを守ることが重要です。

無理に出勤しないことも言うまでもありません。

 


12