ブログ

低血糖について

4月になり新しい生活が始まった方も多いと思います。

一部では桜の花が雪化粧をするなんてこともあるようですが

一般的には暖かくなってきてバタバタするこの時期に一度低血糖を見直してみませんか?

 

低血糖という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

通常糖尿病でない方の血糖値は70~110程度に保たれています。

当院では基本的には70未満を低血糖と定義しています。

 

低血糖の原因はいくつかあります。

①食事をとらない。

そのままですね。忙しい朝、朝食を食べない。昼が業務多忙で食べられない。などなど

②のみぐすりの副作用

多いのがSU薬(エスユーやく と読みます。)といってグリメピリド、グリクラジド、グリベンクラミドという飲み薬です。

24時間膵臓を刺激し続けるため夜間の低血糖などが多い事が知られています。

糖尿病の飲み薬では最も古く、便利で強力な薬なのですがその分低血糖のリスクが高めとなっています。

あと、実は一部のサプリメントでも低血糖を起こすことが報告されています。

③インスリン

多いのが食事をとらずに食事用のインスリンを打ってしまうことです。

最近は打ち忘れや重複打ち防止機能のついたインスリンもあるので

『あれ~ そういえば朝打ったかな~?』とか

『昨日の夜 疲れて寝てしまったけど夜のインスリン打ったかな~~??』

なんてことがある方はぜひご相談下さい。直近で打った量と大まかな時間がわかるインスリン用のペンがあるのですよ。

④炭水化物の過剰摂取

低血糖はなにもお薬の副作用や絶食だけが原因ではありません。

反応性低血糖というのですが、たとえばお昼に素のおうどん大盛を急いで食べたとします。

その後血糖値が急激に上がって、慌てた膵臓がインスリンを多く出します。

するとその後低血糖症状が夕方ぐらいになって出ることがあります。

対策としてはお昼に蛋白質などをしっかりとるとよいですね。

⑤その他

夜中に暴れてしまうなどの重症低血糖の方はインスリノーマといって

変わった病気の事もあります。(珍しいのであまり心配はしなくてよいです。)

その他、簡易血糖測定の誤差(絞り出し低血糖といいます。)の事もあります。

 

最近は持続血糖モニタリングといって24時間血糖を監視できるシステムが多数上市されています。

これであれば夜中の低血糖なども対応可能です。

ちょっと前までは夜間の低血糖はわからなかったので医学の進歩はすごいですね。

また低血糖を繰り返す方には自動でインスリンをストップしてくれるポンプなどもあります。

当院では持続血糖モニタリングとインスリンポンプに力をいれています。

低血糖にお悩みの方はぜひ当院に御相談下さい。

お力になれると思います。

 

 

 

 


3月~GWの休診のお知らせ

今日から3月ですね。季節としては春になりました。

引っ越しや人事異動、卒業式など多くの移行作業、新生活の準備の月になるでしょうか。

当院も5月で開院3年になりますが、改めて気持ちを引き締めて日々の診療にあたりたいと思います。

 

当院では3月29日が休診、ゴールデンウィークの4月28~5月6日は休診とさせていただきます。

7日も火曜日で定休なので5月8日からの再開になります。

特に予約日に来れなかった方はお薬を切らさないように4月27日までの受診をお勧め致します。

また学会で5月23~25日も休診となります。ホームページのカレンダーをご確認下さい。

特に5月の土曜は2日間しかないため大変混雑が予想されるためお早目のご予約をお勧め致します。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞ御理解の程よろしくお願い申し上げます。

 


花粉症

花粉症の季節ですね。私も2月1日から内服をしっかりはじめ今年も対策十分です!

当院でも花粉症のお薬は処方できます。

コンタクトレンズの時に使ってよい目薬、使わない方が良い目薬、

鼻薬でも新薬、ジェネリックなど選択肢があります。

診察の際にお尋ね下さい。

 


新年あけましておめでとうございます。

2019年 平成31年になりました。

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

時間が過ぎるのはあっという間ですが
医療技術も同様に日進月歩で進化しています。

糖尿病の分野で言えば、涙で血糖値を測定できるコンタクトレンズの開発競争が行われているようです。

電子装置がレンズに取り付けられ、視界はさえぎらず
無線で給電するとのことです。

血糖値のコントロールがより容易になる未来に期待したいですね。

1月2月は当院の臨時休診はいまのところございません。

火曜日と国民の休日通りです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

*おかげさまで看護師さんは多数ご応募頂き採用が決まりました。

ありがとうございました。

 


今年も1年ありがとうございました。

冬至も過ぎ、大分寒くなってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

当院は本日で年内の診療を終了致します。

2016年に開院して約3年が過ぎようとしています。

今年も公私ともにたくさんの方々に支えられてきました。

こころより御礼申し上げます。

来年は1月4日から診療しております。

これからも当院をどうぞよろしくお願い申し上げます。