ブログ

牛乳は10回噛んで?

暑いですね!熱中症のニュースが多いですが、皆さま体調はお変わりないでしょうか?(糖尿病と熱中症、脱水についてもそのうち書かなくてはと思っています。)

今日の題名、私の祖母の良く言っていた言葉です。

小学生の頃、『??なんでだろうな?? よく意味が分からないな』と正直思っていました。暑い日に冷たい飲み物を一気にのんだらおいしいですよね。

たしかに冷たい飲み物や熱い食べ物などは食道がんのリスクなどになるのですが、今回は糖尿病のお話しです。

糖尿病は食事と関係の強い病気ですよね。たとえば野菜から先に食べるベジファーストだったり、寝る前に食べないようにしたり、食事の間隔をあけ過ぎないようにしたり。

いろいろとコツはあるのですがその中でも『食事を食べるスピード』が糖尿病との関連が深いという研究が福島県立医科大学から世界に向けて出ています。(Sci Rep. 2019 Jun 3;9(1):8210)

別に同じカロリーを食べるのだから速度は関係ないのでは?と思うかもしれないのですが、これにはストレスだったり咀嚼のエネルギーだったり理由がいくつかあって詳細は省くのですが、個人的に気になるポイントを一つ。

よく噛むと唾液が多く出て、その刺激で腸からGLP-1といって血糖値を下げてくれるホルモンが分泌される可能性があるということです。

このGLP-1というのは最近10年くらいの注射薬で、インスリンとは異なる低血糖を起こさず体重増加も起こさないホルモンのことです。

もちろん私の祖母は普通の主婦でしたからGLP-1を知っていたかというとそんなわけはありません。

『牛乳を10回噛んで飲みなさい』というのはおなかを冷やさないとか、そういう意味だったと思うのですが糖尿病についてもゆっくりよく噛むのは意味があるということです。

外食チェーンでは平均食事時間が3.5分というところもあるそうです。理想は野菜5分、お肉などの主菜5分、米10分 計20分とされているようです。

お仕事をされている方の一部には『食事を早く食べるのが優秀な証』のような考え方もあるかもしれません。今一度食事の速度を見直してみませんか?

もしご家族と一緒に食べるのであれば最後に食べ終わる。外食をするなら同時に頼んだ人よりも遅く食べ終わるだけでも良いかもしれません。

そんな小さな習慣の積み重ねが血糖値の改善につながるかもしれません。

ベジファーストについても芋やトウモロコシを避けるなどポイントがございます。

当院では管理栄養士による栄養指導も行っておりますし、診療の時にもし疑問点がございましたら直接院長までぜひお尋ねください。


3周年

令和となり初めてのブログです。

令和元年5月をもって当院は開院3周年となりました。

image1 (9)

 

 

 

 

 

 

 

おかげさまで当院は特に広告をしていないのですがたくさんの患者さんにお越し頂き、場合によってはお待たせすることも多くなってしまいました。

予約ありで採血と診察で30分、予約なしで1時間前後の待ち時間を目安にお越しいただけると幸いです。

なるべく待ち時間を少なくできるよう引き続きスタッフ一同努力致します。その他お気づきの点がございましたら是非お教え下さい。

地域の患者さんの糖尿病などの病気についてベストな治療の提案をできるよう努力してまいります。

 

さて、医学の進歩は日々著しく最新の知見をアップデートすることは専門家の務めでもあります。

そのため5月23日(木)~25日(土)は糖尿病学会で発表があるため休診となります。

5月が休みが多く大変ご迷惑をお掛け致しますがご理解いただけると幸いです。

 

さてたまには医学的な事以外も書いてみたいと思います。

当院に通院されている方はご存知と思いますが当院待合には熱帯魚が飼育されています。

院長が手入れをしているのですがGWも人工のエサで頑張ってくれたかわいい子たちです。

特にフグはホバリングするような動きで好奇心が旺盛で人懐っこいのでよかったら見てみてください。

image1 (8)

 

実はこれ以外にも院長の自宅からたまに引っ越してくるお魚がいます。

最近は サカサナマズ という、ひっくり返って泳ぐ変わったお魚が水槽の右上の隅にいますので良かったら探してみてください。

次回は医学的なブログを書きたいと思います。